~オーダーメイドで履き心地のいい革靴をつくろう~

はじめてのオーダーメイド靴ガイド » オーダーで革靴をつくるための基礎知識

オーダーで革靴をつくるための基礎知識

ここでは、革靴をオーダーするための基礎知識をまとめています。

セミオーダーとビスポークの違い

靴のオーダーには、大きくわけてセミオーダーとビスポーク(フルオーダー)という二つの選択肢があります。

一般的なオーダーシューズのイメージといえば、細かく採寸をして木型をつくり、それをもとに靴を手作りしていくというビスポーク(フルオーダー)ではないでしょうか。

ビスポークは手間も時間もかかる上、費用も高額になりますので、なかなか手が出にくい嗜好品ともいえます。一方で、定型の木型を採寸した足にあわせてカスタムするというセミオーダーであれば、製作期間も短く、比較的安価でオーダーシューズをつくることが可能です。

セミオーダーとビスポーク、それぞれの違いについて詳しくまとめています。

【靴の特注】セミオーダーとビスポークの違いとは?>>

価格相場

靴をオーダーメイドする上で気になる価格に関して、トータルコストや各パーツごとの内訳、オプション費用などの価格相場を調査しました。

また、フルオーダーとセミオーダーそれぞれのメリットとデメリットをまとめた上で、どちらが費用対満足度が高いのかも考察しています。

オーダーメイドで靴をつくる場合の値段>>

オーダーの流れ

お店で自分の足にあう靴を探すという通常の購買とは異なり、オーダーシューズには様々な工程があります。

そこで、お店に足を運んでから納品されるまでにどのような工程を経るのか、どのくらい期間がかかるのかをまとめています。

また、オーダーメイドで靴をつくる際に注意すべきポイントも紹介していますので、事前に把握しておくと便利です。

オーダーメイドで靴をつくる場合の流れ>>

フィッティングのポイント

自分の足にあった靴をつくるために欠かせないのが、「採寸」と「フィッティング」です。このページでは、最高の履き心地を得るために必要な「足のサイズの測り方」や「フィッティングのポイント」を細かく紹介しています。

採寸の際にスタッフの方が丁寧に説明してくれますが、自分でもポイントを意識することで、オーダーシューズについてより深く知ることができるはずです。

足にあった靴をオーダーする際のポイント>>