~オーダーメイドで履き心地のいい革靴をつくろう~

はじめてのオーダーメイド靴ガイド » セミオーダーで革靴つくりましたレポ

セミオーダーで革靴つくりましたレポ

普段、仕事などで革靴を履いている方のなかには、「自分の足に合う靴がなかなか見つからない」という方も少なからずいるのではないでしょうか。私(東京在住・40代・営業職)もそんな革靴ジプシーのひとり。既製品だと十分なフィット感は得られず、どんどん選択肢が狭まっていくためデザインが物足りない…そんな不満を日々感じていました。

そんなある日、革靴のセミオーダーというサービスの存在を知り、思ったほど高額でもなく、満足感のある靴ができるとのことなので、興味が湧いて作ってみることに。都内のショップを複数調べた結果、「スピカ」というお店を見つけ、訪問することにしました。アクセス至便で雰囲気もよく、リペアショップであることからアフターフォローも期待できそうだと感じたからです。

靴のセミオーダーサービス「スピカ」の公式サイトはこちら>>

麻布十番駅から徒歩7分、隠れ家のような佇まいのお店

靴のセミオーダーサービス「スピカ」の外観画像

休日の14時ごろにお店を訪問。麻布十番駅から徒歩7分。閑静な路地裏に佇む、隠れ家のようなショップです。

もともと革靴・バックのリペアを専門としてきたショップだそうで、店内は工房のような雰囲気。築40年以上の古民家を改装したという落ち着いた雰囲気に、革の香りが漂います。

靴のセミオーダーサービス「スピカ」の内観画像

ショップに入って右側にカウンターがあり、その奥が修理工房です。大小さまざまなミシンや革靴を加工するための機械ほか、靴幅を伸ばすストレッチャーなどが置いてあり、エプロンをつけた職人さんが3名ほど作業をしていました。

「スピカ」のセミオーダーシューズラインナップ画像

一方、左側がセミオーダーシューズを創るための採寸やフィッティングなどができるスペース。シルエットなどをチェックするための大きな鏡があるほか、セミオーダーシューズのモデルバリエーションなど、20足前後の靴も展示されていました。

採寸の結果、自分の足は「幅広・甲高」

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」で相談しているイメージ画像

カウンターでセミオーダーシューズをつくりにきた旨を告げると、担当の手嶋さんが、フィッティングスペースに案内してくれました。

まずはヒアリング。重厚な一人掛けの椅子に腰かけながら、普段履いているシューズのブランド・サイズやフィッティングの塩梅、足の特徴・悩みなど、9項目にわたりヒアリングされます。

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」の採寸イメージ画像

実際に足を触ってもらったところ、かなり甲高であるとのこと。ちなみに、オーダーシューズをつくられる利用者には、私のように「幅広・甲高」だけでなく、逆に足幅が狭かったり、甲が低いという方も結構いらっしゃるんだそう。靴擦れやサイズがないといった理由のほか、外反母趾に悩んでいる方も作りにこられるそうです。

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」で巻き尺を使った採寸イメージ画像

足長や足囲については、片足ずつ測定器を使って測定します。ヒアリングの時間は15分ほど。広いフィッティングスペースで、マンツーマンで進むので、終始リラックスできました。

履き心地の決めてはバリエーション豊富なフィッティングシューズ

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」のフィッティングイメージ画像

ヒアリング・採寸が終わった後、いよいよセミオーダーシューズのサイズを決めるためのフィッティングです。

フィッティングは、ヒアリング内容や採寸をもとに、フィッティングシューズを履いて合わせていきます。私の場合は、足長25.5cm、足幅は3E。足長に対して、若干幅広といったところでしょうか。

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」のフィッティングイメージ拡大画像

既製靴ではジャストフィットを見つけにくい自分のサイズにも、しっかり合わせられるところがセミオーダーシューズのメリットだと感じます。

ちなみにスピカでは、足長23~30cm、足幅(ウィズ)7種に対応したフィッティングシューズを揃えているとのことで、バリエーションがある分、繊細なフィッティングが期待できます。

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」のフィッティングシューズ画像

なお、スピカでは遠方客のため通販の依頼にも対応しています。その場合、自分の足サイズにバリエーションをつけた4足分のフィッティングシューズを自宅に郵送してもらい、付属の調整用インソールを使った計8種類のサイズを自分でフィッティングし、ジャストサイズを決めることになります。

確かにフィッティングシューズを履くことで、一人でも最終的な仕上がりの感触を確かめることができるので、「通販ではサイズ感が不安」という方も安心だと思います。

目的や好みにあった革靴のデザイン・モデルを選ぶ

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」のデザイン見本画像

サイズが決まったら、デザイン・モデルの選択です。今回は、冠婚葬祭などフォーマルシーンや、ビジネスに使える黒の革靴を創りたいと思っています。

相談したところ、つま先に一文字のステッチが入っているストレートチップのオックスフォード(内羽根式)をおすすめしてもらいました。オックスフォード(内羽根式)とは、靴紐を通す鳩目の部分が、甲より内側の部分に潜り込んでいる形式をいいます。

ストレートチップのオックスフォードは、ビジネス用としてだけでなく、礼装用としても不可欠な、特別な靴であるようです。私はそのなかでも、ビジネス向けに縫い目に飾り穴をつけ、華やかさも演出できるようにしたモデルを選びました。

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」のソール見本画像

デザイン・モデルが決まったら、次はソールの選択です。通気性に優れ、高級感のあるレザーソールか、雨でも滑りにくく、耐久性が高いラバーソールか。悩みどころでしたが、私の場合ビジネス用途を考えて、ラバーソールを選択。

改めて靴のデザイン・モデル選びひとつとっても、ルールや用途があって奥深さを感じます。そして、それを選ぶのも、また楽しみのひとつだと思いました。

2ヶ月後、自分だけのオーダーシューズが完成

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」の最終フィッティングイメージ画像

オーダーしてから約2か月後、待ちに待った、初めてのセミオーダーシューズが完成しました。

フィッティングシューズですでに履き心地は確認していましたが、出来上がった靴を履いてみると、その感動はひとしお。幅広・甲高の私でも、スッと足を通すことができ、ストレスがない感覚のすばらしさは、実際に履いてみないと分からないかもしれません。

本革の靴は、少なくとも3年以上、大事に履けばもっと永く履くことが可能です。磨けば味わいになりますし、足のサイズは大きく変わることがないので、長い目でみると、いい買い物をしたと思っています。

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」の完成品イメージ画像

<完成品>
モデル:キャップブローグ オックスフォード
レザー:スムースレザー/ブラック
ソール:ラバーソール

リペア専門店ならではのアフターフォロー

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」で革靴をストレッチしている画像

ちなみにスタッフから聞いたのですが、スピカではセミオーダーシューズを実際に履いてみて、履き心地に満足できなかった場合は、納得いくまで、無料で調整を行っているとのこと。

具体的には、つま先やくるぶしの部分があたるなど、フィッティングに違和感があった場合は、革靴をストレッチにかけたり、インソールに厚みを加える調整などをしてもらえます。

靴のオーダーメイドサービス「スピカ」のアフターフォローイメージ画像

ひと言でいうと簡単ですが、実はインソールの調整ひとつとっても、繊細な足にフィットするように行うのは、その道に熟練した職人がいないと難しいのだそう。だからこそ、安心できるアフターフォローは、リペアを専門としてきたスピカならではの付加価値のあるサービスだといえます。

Shop Data

店名 Spica(スピカ)
公式サイトURL http://www.spica-inc.jp/service/semi-order/
住所 東京都港区元麻布3-10-8
アクセス 東京メトロ・都営線「麻布十番駅」から徒歩7分
営業時間 10:00〜19:00 ※定休日なし(年末年始、夏季休暇を除く)