~オーダーメイドで履き心地のいい革靴をつくろう~

はじめてのオーダーメイド靴ガイド » モデル別セミオーダーシューズ事例

モデル別セミオーダーシューズ事例

ここでは、セミオーダーシューズの購入を検討されている方に向けて、「モンクストラップ」「プレーントゥ」「キャップトゥ」「チャッカブーツ」といった、人気デザインの特徴や魅力をまとめています。

また、それぞれのデザインを採用した事例も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

モンクストラップ

モンクストラップは、靴紐ではなくアッパー(足の甲)部分をバックルで留めるタイプの革靴のデザインです。

ストラップ仕様という個性的なデザインは、ビジネススーツだけでなく、チノパンやジーンスといったカジュアルな服装にも合わせることも可能。革靴をセミオーダーする上でも、ぜひ取りいれたい人気のデザインといえます。

モンクストラップのオーダーメイド事例を見る>>

プレーントゥ

プレーントゥとは、アッパーやつま先部分などに装飾の類がない、シンプルなデザインの革靴のこと。

全体的にシンプルな見た目になるため、外羽根式やモンクストラップにしてカジュアルなデザインにしたり、内羽根式にしてフォーマルシーンでも使えるデザインにするなど、目的に応じてデザインを選べる選択幅の広さと、その実用性が最大の魅力です。

プレーントゥのオーダーメイド事例を見る>>

キャップトゥ

キャップトゥは、つま先部分に横一文字の縫い目が入ったデザインで、日本では一般的にストレートチップと呼ばれています。

日本では、特に内羽根式と合わせてフォーマル向けなデザインというイメージがあるようですが、外羽根式やモンクストラップを採用することで、ビジネスやカジュアルシーンでも使えるオールラウンドなデザインといえます。普段はあまり革靴を履かないという方にもおすすめです。

キャップトゥのオーダーメイド事例を見る>>

チャッカブーツ

チャッカブーツは、外羽根式の鳩目をくるぶしのところで結ぶアンクル丈のブーツのことです。

ブーツといっても、いわゆるドレスシューズの分類に入ると考えられ、シンプルな見た目でありながら、くるぶしまでをしっかり覆う安心感と存在感のあるデザインは、カジュアルシーンで大いに活躍してくれるだけでなく、ビジネスシーンでの応用も可能です。

チャッカブーツのオーダーメイド事例を見る>>