~オーダーメイドで履き心地のいい革靴をつくろう~

はじめてのオーダーメイド靴ガイド » コーディネートシーン別おすすめオーダーシューズパターン » フォーマル

フォーマル

ここでは、紳士靴のオーダーを検討している方に向けて、お通夜・お葬式・法事法要などフォーマルなシーン向けの革靴について紹介しています。

フォーマルシーンにおすすめの革靴とは

一般的に冠婚葬祭といったフォーマルなシーンでは、礼節を重んじたコーディネートが好ましいといわれています。革靴においてもそれは例外ではなく、できるだけシンプルで飾り気の少ないデザインの靴を選びましょう。

トゥ(つま先)

フォーマルシーンで最も使われているのが、つま先部分に真一文字の切り替えが入っているストレートチップ(キャップトゥ)です。

また、切り替えのないプレーントゥであれば、フォーマルでもビジネスでも対応できます。

アッパー(甲)

紐を通す鳩目部分が甲の部分と一体化しているものを内羽根式といいます。すっきりとして品格があるデザインなので、冠婚葬祭向けです。

ただし、パーティーなどであれば鳩目部分が乗っかった状態の外羽根式でも問題ありません。

結婚式の場合、親族は黒が望ましく、またスピーチを頼まれている方も黒が良いとされています。それ以外の方であれば、黒でも茶色でも問題はありません。

当然ながら、お葬式などでは黒を履くのがマナーです。

フォーマル靴も作れる
オーダーメイドショップ3選

お通夜・お葬式・法事法要でNGな靴とは

モンクストラップやウィングチップのような飾りや装飾が施されているデザインはフォーマルには不向きです。

また、クロコダイルやスエード、毛皮をあしらった素材のものは殺生を連想されるので冠婚葬祭ではNG。エナメルのような光沢のある素材や、ローファー・ブーツ・スニーカーももちろんふさわしくありません。

フォーマルシーン向けパターン例

上記を踏まえて、フォーマルシーンで使える革靴の一例をご紹介します。

フォーマルシューズ2
画像引用元:スピーゴラ(http://www.spigola.jp/#/preta/1003)

つま先…ストレートチップ(キャップブローグ)/アッパー…紐(内羽根式)/色…ブラック/素材…レザー/ソール…レザー

フォーマルシューズ1
画像引用元:リーガル(http://www.regalshoes.jp/shop/g/g05NRBH_____B____235/)

つま先…ストレートチップ/アッパー…紐(内羽根式)/色…ブラック/素材…レザー/ソール…ラバー

フォーマルシューズ5
画像引用元:銀座大賀靴工房(http://www.fight.co.jp/shinshi/straightsoto.html)

つま先…ストレートチップ/アッパー…紐(外羽根式)/色…ブラック/素材…レザー/ソール…ゴム

フォーマルシューズ3
画像引用元:スピカ(http://www.spica-inc.jp/blog/セミオーダーシューズ-blog/17481/)

つま先…プレーントゥ/アッパー…紐(外羽根式)/色…ブラック/素材…レザー/ソール…レザー

フォーマル向けのシューズは、日常で使うものと違って、使用頻度は少ないものの、一足は用意しておきたい革靴のひとつです。購入したいものの「既存靴では足のサイズに合うものが見つからない」という人は、オーダーメイドで製作するのもよいでしょう。

既存の靴型(木型)をアレンジしてつくる「セミオーダーメイド」なら、相場4~6万円程度と、比較的リーズナブルにつくることができます。このサイトでは「履き心地重視」をはじめ、目的別に靴のセミオーダーメイドができるショップを厳選紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。