~オーダーメイドで履き心地のいい革靴をつくろう~

はじめてのオーダーメイド靴ガイド » 靴のオーダーメイドができるおすすめショップカタログ

靴のオーダーメイドができるおすすめショップカタログ

革靴のイメージ

ここでは、ビスポーク(フルオーダー)やセミオーダーなど、革靴のオーダーメイドに対応する、おすすめのシューズメーカー、ショップを紹介しています。

ギルド・オブ・クラフツ/店舗:○ 通販:×

1997年に設立されたハンドソーンウェルテッド製法によるハンドメイド靴メーカー。

代表を務める靴職人の山口千尋氏は、日本におけるビスポークの第一人者といわれています。

蓄積したノウハウで足の癖に合わせる

独自の計測方法で足の形状を知るノウハウを持つメーカーです。寸法を測る方法は一般的で確立されている技術となっていますが、これでは足の形状を知ることができません。

しかし、独自の計測方法で形状を知り個人個人の足の癖に合わせることができるのが、ギルド・オブ・クラフツの強みです。

生涯を掛けて自分の靴を作りたい人向け

足の形は年齢を重ねるごとに変わっていきます。ギルド・オブ・クラフツでは、そんな年齢による細かな変化まで把握して靴作りをしてくれます。

具体的には、新たに靴を作り変えるとき、今まで作ってきた足の特徴・癖を踏まえつつ、そのときの足に合った最良の型で作ってくれるという点。

加えて、その人の好むフィット感も考慮してくれるため、生涯を掛けて最高の靴を作っていくことができるメーカーです。

ギルド・オブ・クラフツを詳しく見る>>

銀座大賀靴工房/店舗:○ 通販:×

オーダーメイドにこだわった靴作りを展開するビスポーク専門店です。

最新の3Dスキャナによる採寸やITを活用した特殊な技術によって、履き心地だけでなく健康面からも足に合った靴を作っています。

精密さでは群を抜く完成度

最新の3Dスキャナで足の形状を測り、その測ったデータを元に最新の切削機で木型を作ります。最先端の技術で個人個人の型を作ってくれるため、精密さは他のメーカーの追随を許しません。

また、靴の素材や色など豊富に用意されているため、オリジナリティを出すことも可能です。

ゴルフシューズを作りたいのであれば一択

銀座大賀靴工房の最大の特徴はゴルフシューズにも力を入れているということです。スポーツメーカーでも、オーダーメイドで製作することは可能です。

ただ「万人受け」が重要視されてしまい意外とフィット感を得ることができないことも。対して銀座大賀靴工房では、革靴メーカーならではのノウハウでフィット感を出すことができます。

ゴルフ好きであれば一度は作ってみたい革靴になるのではないでしょうか。

銀座大賀靴工房を詳しく見る>>

銀座ワシントン/店舗:○ 通販:×

銀座ワシントンでは、老舗革靴店として培ってきた技術と経験を活かしたメンズオーダーシューズを展開。

セミオーダーでありながら、丁寧な採寸・フィッティング・微調整によってビスポークに引けを取らない履き心地を実現しています。

安さとスピードが強みメーカー

オーダーメイドにも関わらず50,000円以下で購入することが可能です。加えて、納品も50日前後で可能というスピーディーさも持ち合わせています。これが強みになるメーカーです。

加えて、グッドイヤーウェルト製法と呼ばれる方法で製作しています。これは本底を繰り返し交換できる方法で長く履くことが可能になります。

セミオーダーメイドが選ぶポイントに

銀座ワシントンはセミオーダーメイドになることは、先に説明をした通りです。オーダーメイドをしたい人の中には、セミオーダーメイドぐらいで十分という人は実は多いです。

気軽に作ることができるメリットがあるため、重すぎず軽すぎず、ちょうどよいものを求めている人にオススメのメーカーになります。

銀座ワシントンを詳しく見る>>

スピーゴラ/店舗:○ 通販:×

スピーゴラは、国内のみならず海外でも高い評価を得ているビスポークシューズメーカーです。

なお、ビスポークだけでなくパターンオーダーにも対応しています。

完成度が高く業界を引っ張る存在

世界的に評価されているメーカー。これが意味することは、他メーカーがスピーゴラよりも高い評価を得られるよう努力することに繋がり、切磋琢磨している状態になるということです。このような状況の中でも、結果を出し続けて、安定して評価を得ているのがスピーゴラです。

業界を引っ張る存在であるため、履くだけで「あっ、スピーゴラの靴だ」と注目されるステータスを得られる強みがあります。

品質が高い靴でも相応の安さで購入が可能

品質が高く評価されている靴だけあってオーダーメイドで購入となると、相応の値段になってしまいます(2018年5月現在で340,000円~)。

しかし、パターンオーダーにも対応してくれているため、それなりの安さで購入ができるようになっています。「ビスポークは無理だけどどうしても履きたい」という人にオススメです。

スピーゴラを詳しく見る>>

スピカ/店舗:○ 通販:○

スピカでは、シューズ&バッグ修理専門店としての経験を活かしたセミオーダーシューズを展開しています。

オーダーメイドシューズ製作には珍しく、通販での購入も可能です。

遠慮なく履き心地を求められるメーカー

スピカは納得がいくまで靴の微調整を無料でしてくれるメーカーになります。スピカのモットーとして履き心地の良さを第一としているからこそのサービスです。

これにより、購入者もより良いものを遠慮なく希望することができます。最高に履き心地がよい靴に出会える可能性が高いという強みを持っているメーカーです。

カーフレザーなのに通販で購入可能

世界的な基準としてハイブランド品はカーフレザーを使用することが1つの目安になります。スピカも当然このカーフレザーを使っています。それにも関わらず通販で手軽に購入することができるという点が大きなメリット。

セミオーダーにはなってしまいますが、履き心地が良い靴になるまで微調整は可能です。通販で安心してオーダーメイド品を履きたい場合は、1つの選択肢になるメーカーです。

スピカを詳しく見る>>

マドラス/店舗:○ 通販:×

マドラスは、1946年にイタリアで生まれた、90年以上の歴史をもつ老舗シューズメーカー。

1965年に日本に上陸し、以降日本人が好むようなデザインを手掛けています。またドレスコードに対応したシューズも制作可能。

人間工学から導く履き心地

最大の特徴は「人間工学から導き出した履き心地の良さ」です。

日本人も好むデザインの真意は、日本人特有の体型に合う靴を「人間工学」「気候風土」「最先端技術」を駆使して製作されるということ。日本人のための靴を作っているわけですから履き心地がよくて当たり前です。これが大きな魅力になります。

オリジナルカラーシューズで更にオリジナリティを

マドラスでは、オーダーメイドシューズでも、カラフルでポップな靴「オリジナルカラーシューズ」が作れます。色の選択肢が多く、特徴のあるデザインもオーダー可能です。

値段は30,000円以下、納品は4週間程度と手軽に作ることも1つのメリットです。ちょっと違ったオシャレな靴を求めるのであればオススメのメーカーです。

マドラスを詳しく見る>>

リーガル/店舗:○ 通販:×

日本を代表する大手シューズブランド、リーガル。

その高い技術力によって、ビスポーク・工房九分仕立て・パターンオーダーなど、あらゆる要望に対応してくれます。全国の店舗で注文できる利便性も魅力です。

相談すれば実現してくれるメーカー

先ほど触れたように、あらゆる要望に対応してくれることが最大の強みになり、例えば「30,000円以下でオリジナルシューズを作りたい」と伝えるだけで実現可能。

予算、使用シーン、一生モノにしたいなど、とにかく購入者が思い描くシューズを作れる技術力を持っているメーカーです。

大手メーカーだからこその安心感

個人経営店で地元密着型のショップにも色々なメリットがあります。ですが、個人経営だからこその技術差というものが出てしまうことも。

つまり、お店によって仕上がりが全く異なり品質が悪いケースがどうしてもあるということです。反面、リーガルは全国展開をしているような大手メーカー。技術差が出にくいため、安心して高い買い物をしたい人にとっては大きな魅力になります。

リーガルを詳しく見る>>

MEMESTYLE(ミームスタイル)/店舗:× 通販:○

MEMESTYLEは、印刷機製造販売会社から生まれたファッション靴ブランド。

国内唯一の本革プリント技術による、オリジナルデザインシューズを手がけています。

1足から大量生産まで対応可能

基本的にオーダーメイドは自分に合った靴を作るためのサービスです。

しかし、MEMESTYLEではオーダーメイドシューズを1足からでも生産可能ですが、大量生産にも対応しており、そこが大きな強みです。スポーツチームなど大人数でお揃いの靴を購入することが可能で、高い人気を得ています。

独自の印刷技術で高いデザイン性を演出

他メーカーにはできないような色合い、デザインに対応している点は、さすが印刷機製造販売会社といったところでしょうか。

さらに、完全メイド・イン・ジャパン製品で品質も高いです。ちょっと違った高品質の革靴が欲しい場合は、ぜひ目を通しておきたいメーカーです。

MEMESTYLEを詳しく見る>>

東京銀座てつじ屋(Tetsuji)/店舗:○ 通販:×

東京銀座てつじ屋が手がける靴のコンセプトは「身体にとっていい靴の追求」。

快適な靴を提供することで健康と幸せを創造したいという想いが、ハンドメイドによって生み出された全ての靴に込められています。

自身が感じた生の声を元に靴製作をするメーカー

「身体にとっていい靴の追求」というモットーは、オーナーの上田哲司氏が、靴メーカー入社当時に耳にしたお客さんの声に因ります。

そこで多数の人ではなく、一人一人の身体にとっていい靴を作ろうと決意したことが、制作のコンセプトになっているメーカーなのです。

親身になって応対してくれることを望むのなら

コンセプトどおり、東京銀座てつじ屋は購入者と対話することを重要視しています。他メーカーも親身になって応対してくれるでしょう。

ですが、より親身になってくれるメーカーを探すのであれば、東京銀座てつじ屋が最有力候補になることは間違いありません。

東京銀座てつじ屋(Tetsuji)を詳しく見る>>