~オーダーメイドで履き心地のいい革靴をつくろう~

はじめてのオーダーメイド靴ガイド » 【足のお悩み別】自分に合う靴の選び方 » 外反母趾やウオノメ、巻き爪

外反母趾やウオノメ、巻き爪

 ここでは、革靴が原因による外反母趾・ウオノメ・巻き爪について、その症状などをまとめています。

革靴のサイズが原因?外反母趾などに悩む男性が急増

サイズが合っていない革靴を履き続けることで起こる痛みには、下記のような症状が挙げられます。

外反母趾

外反母趾外反母趾といえば足に負担がかかるヒールやパンプスを履く女性に起こるものというイメージがありますが、近年ではビジネスシューズでも先が細いデザインのものも多く、自分の足のサイズとあっていないことで外反母趾に悩む男性が増えています。

外反母趾になると、足の親指が付け根から人差し指の方向に曲がってしまい、関節が脱臼したような状態になります。また、親指だけでなく、人差し指や小指が隣の指に潜り込んでしまうこともあります。

外反母趾になると、その痛みによって長時間歩けなくなり、重症化すると歩行困難に陥ります。また、ひざ痛・腰痛・偏頭痛・自律神経失調症の原因にもなるといわれており、手術が必要な場合もあります。

ウオノメ

ウオノメ靴のサイズが合っていないと、歩くたびに皮膚を圧迫もしくは摩擦することになります。そのため、圧迫や摩擦から皮膚を守るために固くなっていきます。

その際、表面が固くなるとタコになりますが、皮膚の内部に向かって角質化すると神経が圧迫されて痛みを伴うことになり、この状態がウオノメになります。

巻き爪

巻き爪巻き爪とは、足の爪の先端部分が内側に湾曲した状態になることです。主に親指の爪に多いですが、それ以外の指も巻き爪になることがあります。

小さいサイズの靴や、先が細くなっている靴を履くと爪や指が常に圧迫されている状態になり、それが原因で巻き爪が起こります。

また、大きすぎる靴を履くと靴の中で足が動きやすい状態になり、爪が靴にあたり続けることで巻き爪を誘発することになります。

足が痛いと感じる方は革靴選びから見直すべき

サイズや幅があっていないことでこれらの症状が起こってしまっているのであれば、できるだけ早く自分の足のサイズにあった革靴に変えることが一番の改善策といえます。

外反母趾・ウオノメ・巻き爪にお悩みの方であれば、特に「指先にゆとりがある」「幅がぴったりのものを選ぶ」の二つがポイント。靴選びの際には自分の感覚だけで判断せず、お店のスタッフに症状について相談するなど、プロのアドバイスを受けるようにしましょう。

また、足の形はひとそれぞれ異なるため、量販店ではなかなかぴったりの革靴が見つからないこともあります。そんな方には足にあった靴をつくってくれるセミオーダーシューズがおすすめ。足の形はもちろん、長く履き続けることを前提とした革靴をつくってくれますので、結果的にコスパがよくなるというメリットもあります。