革靴のオーダーメイドができるおすすめショップ

スピカ

【Webで完結】
履きごこち重視
店舗:麻布十番

ミームスタイル

【斬新な靴】
オリジナリティ重視
店舗:オンラインのみ

現在、公式サイトにアクセスできません(2019年9月)

銀座ワシントン

【老舗】
納期スピード重視
店舗:銀座他

革靴が原因で男性も外反母趾になる?

~オーダーメイドで履き心地のいい革靴をつくろう~

はじめてのオーダーメイド革靴ガイド » 【足のお悩み別】自分に合う靴の選び方 » 外反母趾やウオノメ、巻き爪

外反母趾やウオノメ、巻き爪

 ここでは、革靴が原因による外反母趾・ウオノメ・巻き爪について、その症状などをまとめています。

革靴のサイズが原因?外反母趾などに悩む男性が急増

サイズが合っていない革靴を履き続けることで起こる痛みには、下記のような症状が挙げられます。

外反母趾

外反母趾外反母趾といえば足に負担がかかるヒールやパンプスを履く女性に起こるものというイメージがありますが、近年ではビジネスシューズでも先が細いデザインのものも多く、自分の足のサイズとあっていないことで外反母趾に悩む男性が増えています。

外反母趾になると、足の親指が付け根から人差し指の方向に曲がってしまい、関節が脱臼したような状態になります。また、親指だけでなく、人差し指や小指が隣の指に潜り込んでしまうこともあります。

外反母趾になると、その痛みによって長時間歩けなくなり、重症化すると歩行困難に陥ります。また、ひざ痛・腰痛・偏頭痛・自律神経失調症の原因にもなるといわれており、手術が必要な場合もあります。

ウオノメ

ウオノメ靴のサイズが合っていないと、歩くたびに皮膚を圧迫もしくは摩擦することになります。そのため、圧迫や摩擦から皮膚を守るために固くなっていきます。

その際、表面が固くなるとタコになりますが、皮膚の内部に向かって角質化すると神経が圧迫されて痛みを伴うことになり、この状態がウオノメになります。

巻き爪

巻き爪巻き爪とは、足の爪の先端部分が内側に湾曲した状態になることです。主に親指の爪に多いですが、それ以外の指も巻き爪になることがあります。

小さいサイズの靴や、先が細くなっている靴を履くと爪や指が常に圧迫されている状態になり、それが原因で巻き爪が起こります。

また、大きすぎる靴を履くと靴の中で足が動きやすい状態になり、爪が靴にあたり続けることで巻き爪を誘発することになります。

外反母趾は歩き方が原因の場合も

外反母趾となる理由は多々考えられていますが、足の裏全体を使わず、一部に体重が偏ってしまう歩き方も外反母趾を招くことがあります。「開帳足」と呼ばれる、足の5本の指をつなぐアーチの機能が衰えを見せてしまう状態には要注意です。無意識で足に負担をかけない様にとバランスの悪い歩き方をしてしまい、結果として外反母趾になってしまういます。

歩き方の改善方法

外反母趾を防ぐためにも、「足の裏全体で歩く」ことを意識して正しい歩き方を覚えることが大切です。まずはかかとから着地。その際に足の裏、指の付け根、そして足の指と順番に着けましょう。コンマ何秒という違いではありますが、この流れで着地していく感覚こそ、正しい歩き方です。

この歩き方のメリットとしては、体重移動が適正に行われることで足の裏の偏重を防ぎ、外反母趾の防止にも役立ちます。この手法を無意識でも行えるようにするためには、骨盤を意識すると良いでしょう。「足で歩く」のではなく「骨盤で歩く」かのようなイメージを持つと、比較的実践しやすいとされています。

痛みが酷ければ整形外科へ

あまりにも外反母趾の痛みがひどいようであれば、整形外科に足を運び、診察してもらいましょう。外反母趾は放置しておけば多少は痛みが軽減しますが、放置とは「歩かない」を意味します。歩かない生活は、現実的に難しいでしょう。整形外科に足を運ぶことで、外反母趾の治療が可能です。

整形外科は場所によって手術療法や保存療法が受けられます。治療法がある程度確立されているものなので、痛みに我慢するよりは、病院に足を運んで適切な治療を受けたほうが良いでしょう。むしろ我慢すればするほど、外反母趾が悪化してしまいます。

外反母趾の応急処置

サポーターを活用

ドラッグストアでも販売されているサポーターを装着すれば、応急処置として利用できます。サポーターにて外反母趾を矯正することで、足の指を適正位置に調整できるのがメリットです。布製で被せる簡単に装着できるものもあれば、足の指の間に挟んでいわば強制的に外反母趾の状態を矯正するものまで、様々な物があります。

注意点としてはあくまでも応急処置的なものなので、それらを継続して利用しても外反母趾の根治にはなりません。外反母趾が続くようであれば、医師に診てもらうのがおすすめです。

応急処置として冷やす

外反母趾の痛みは熱を帯びます。冷やすだけでも応急処置として、痛みの軽減に役立つでしょう。冷湿布を幹部に貼るなど、アイシングも効果が期待できます。

外反母趾の改善・予防

外反母趾を改善・予防するために正しい歩き方、そして自分の足に合った適切な靴が大切です。正しい歩き方を覚えても、自分の足に合っていない靴では、歩行の度に足に負担をかけてしまいます。

自分の足にフィットする靴と正しい歩き方の組み合わせが、外反母趾を改善・予防することになります。また、家でリラックスしている時には足の指を動かすエクササイズもおすすめです。

足が痛いと感じる方は革靴選びから見直すべき

サイズや幅があっていないことでこれらの症状が起こってしまっているのであれば、できるだけ早く自分の足のサイズにあった革靴に変えることが一番の改善策といえます。

外反母趾・ウオノメ・巻き爪にお悩みの方であれば、特に「指先にゆとりがある」「幅がぴったりのものを選ぶ」の二つがポイント。靴選びの際には自分の感覚だけで判断せず、お店のスタッフに症状について相談するなど、プロのアドバイスを受けるようにしましょう。

また、足の形はひとそれぞれ異なるため、量販店ではなかなかぴったりの革靴が見つからないこともあります。そんな方には足にあった靴をつくってくれるセミオーダーシューズがおすすめ。足の形はもちろん、長く履き続けることを前提とした革靴をつくってくれますので、結果的にコスパがよくなるというメリットもあります。

革靴のオーダーができるおすすめショップ